スポンサードリンク

セラピストは癒しの達人

ストレスの多い現代に注目の職業と言えば、セラピストが上げられますね。

「癒し」を求める人は年々増加傾向にあり、セラピーサロンや癒し系グッズなど街に溢れています。
一言でセラピストと言っても、セラピーの種類同様、沢山あります。

代表的なものは、アロマセラピー、カラーセラピー、アートセラピーなどでリフレクソロジーなどは整体セラピーに属し、最近では催眠セラピー,アニマルセラピーなども需要が多いようです。癒しを求める人が多いように、癒しを職業にして、人に喜びを与えたいと思う方も増えています。

そこで、セラピストについてご紹介したいと思います。

セラピストとは

セラピストという言葉はよく聞くようになりましたが、日本語にすると、療法士とか治療士という意味で、仕事や日々の生活の中でさまざまなストレスを感じ不安や、やる気の喪失、孤独感、疲労などの苦痛を感じる現代人を癒し改善する仕事です。

アロマセラピーやカラーセラピーなどは専門サロンに勤務するケースが多いようです。また、セラピストを養成する学校や、講座などでイントラクターとして活躍する人もいます。

最近では、養成校などで資格を取得し、個人開業してサロンを経営する方も増えています。各種セラピーの効果はより注目されるようになり、介護関係や福祉の現場に役立てるよう介護士の方やホームヘルパーさんなどがセラピーをプラスアルファーのスキルとして身につけるような傾向にあります。

アロマセラピー

天然の植物などから選出した精油(アロマオイル)を使用し整体マッサージや香りによるセラピーを行うことで癒しを提供します。

天然のアロマオイルにはその時のストレスや、疲労の状態により、効果的に働く香りがあり、心身から癒してくれます。

カラーセラピー

選んだ色により、その時の置かれている状況や悩み、困難などを提示しカウンセリングによるセラピーをする方法で、カラーにはボトル式のものカード式のものといくつかの種類があります。
        
また、癒し系グッズを身につけたり、アロマのカラーオイルなどを肌につけたり香りを嗅いだり,色を見る事で癒しを体感して、ストレスや困難を改善していきます。

アートセラピー

絵を描いたり、彫刻などを作る事で心理状態を把握し、問題を抱えている人の問題解決に役立てる方法と既に出来上がっている作品から導き出す方法の2種類があります。

もともとは精神科医や心理カウンセラーなどが患者さんの治療の一環として行っていましたが、専門のアートセラピストのニーズは高まっています。

アニマルセラピー

アニマルセラピーは、動物介在療法といわれ、ペットセラピーなどとも呼ばれています。犬や猫の他に最近ではイルカによるセラピーも注目されています。

動物と触れ合うことで人間の健康を向上させたり、問題を抱えている人の癒しを目的としています。

セラピストになるには

各セラピーの種類にもよりますが、最近は癒し系の専門学校も増えています。

選択方法としては、通信講座、通学講座、または、初級、中級、上級の講座やセミナーの受講を終了すると認定されるものや、受講終了後に認定試験があるものなどさまざまです。

年々セラピストの需要は高まってきておりますので、セラピストの求人募集など見かける事も多くなりました。人の為になるセラピストとして職を持つ事は、素晴らしい事ではないでしょうか。

現役セラピストが教える買ってはいけないサプリメント

いまやコンビにでも手に入るサプリメント。値段もピンからキリまで。あります。長年サプリメントアドバイスをしている現役セラピストだからこそわかる、サプリメントの裏側を告発します。不健康になるサプリメントが氾濫している世の中。あなたはそれでもそのサプリメントを口にいれますか?

無料レポート↓↓↓
現役セラピストが教える買ってはいけないサプリメント


copyright © 2006 セラピストの仕事 All Rights Reseved