セラピストとは

セラピストという言葉はよく聞くようになりましたが、日本語にすると、療法士とか治療士という意味で、仕事や日々の生活の中でさまざまなストレスを感じ不安や、やる気の喪失、孤独感、疲労などの苦痛を感じる現代人を癒し改善する仕事です。

アロマセラピーやカラーセラピーなどは専門サロンに勤務するケースが多いようです。また、セラピストを養成する学校や、講座などでイントラクターとして活躍する人もいます。

最近では、養成校などで資格を取得し、個人開業してサロンを経営する方も増えています。各種セラピーの効果はより注目されるようになり、介護関係や福祉の現場に役立てるよう介護士の方やホームヘルパーさんなどがセラピーをプラスアルファーのスキルとして身につけるような傾向にあります。


copyright © 2006 セラピストの仕事 All Rights Reseved